がんと生活習慣病の早期発見サイト

PET-CTとPET検査の違いについて 基礎知識&治療説明

PET-CTの利点について

PET-CTとは、PETとCTの画像を同時に撮影することができる機器です。
PET単体の検査に比べ、以下のような利点が挙げられます。

■機能画像と形態画像の融合による高い診断上の有用性
より見やすく精度の高いPET検査が行なえます。

■CTを使った吸収補正により従来よりも検査時間を短縮
一度にPETとCTが撮影できるので、別々で撮影する場合に比べ、検査時間が短縮できます。

■MIP画像と連動した見やすいレイアウト
デジタルでデータが残り、様々な角度の断面や、目的に応じた画面表示が可能です。

学会誌でもPET-CTの有用性を示した論文を数多く掲載しています。
また、新しいPET-CTは性能の向上により、カメラ部分(本体トンネル状の空間)の奥行きが薄くなっていて、検査中に感じる圧迫感が軽減されています。

※情報提供:医療法人財団岩井医療財団 メディチェック画像診断センター

PET-CTの症例

PET-CT画像が有効であった例

PET-CT画像が有効であった例

胸部にゴルフボール大のmass(塊)が見つかった42歳女性。2002年3月の乳腺腫瘤摘出、同年11月、右胸壁への再発あり。CT、胸部X線写真は陰性、生検結果は陽性であった。

乳房切除術後、2ヶ月間の放射線治療を施行。
ステージング(進行度の調査)目的のため、PET-CT検査を行ったところ、縦隔と右肺へのFDG(PET検査薬)集積がみられ、転移が示唆された。

PET-CTで目的部位以外の異常がみつかった例

PET-CTで目的部位以外の異常がみつかった例

44歳女性 非小細胞癌(StageⅢb)例で、進行が進んでいる。
再ステージングのためPET検査を施行。右主気管支近位へ集積があり、腫瘍再発部位と一致した。さらにPET-CT画像から、複数の肝転移と椎骨(L4)への集積も同時にみつかった。

PET-CTで診断に変更があった例

PET-CTで診断に変更があった例

61歳女性。長期の喫煙歴があり、慢性閉塞性肺疾患または気腫、およびGERD(胃食道逆流症)を患う。CT画像では注目する部位への異常がみられる。生検では診断つかず、リンパ節転移の確認のためPET検査を施行。

PET-CT画像。左上葉のFDG集積異常のサイズは、以前のCT検査画像に比較して縮小がみられた。右下葉の集積は進行がみられた。

これらの急速は変化は、新生物による集積ではなく、炎症か呼吸の影響によるものと考えられた。

こちらの内容は参考としての症例であり、発見の確実性を示すものではありません。
症例には個人差があるため、詳しくは健診センター、病院までお問い合わせください。

※米国 GE社 PET-CT「Discovery ST」による