保険の適用について|基礎知識&治療説明|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

がんと生活習慣病の検査サイト

保険の適用について 基礎知識&治療説明

PET検査の健康保険適用範囲の拡大

これまで、PET検査では健康保険の適用は一部の疾患を除き、対象にはなりませんでした。

しかし、平成22年4月より、早期の胃がんを除くすべての悪性腫瘍に健康保険の適用が認められるようになっています。

ただし、レントゲン検査やMRIなどの画像検査や、血液や超音波などのその他検査などでの診断、転移、再発の診断が確定できない患者様、またはすでに診断されている患者様に限定されます。

PET検査の健康保険適用範囲

悪性腫瘍
※早期胃癌を除く
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない方
てんかん 難治性部分てんかんで外科手術が必要とされる方
心疾患 虚血性心疾患による心不全患者における心筋組織のバイアビリティ診断(他の検査で判断のつかない場合に限る。)又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者に使用する。
大型血管炎(高安動脈炎または巨細胞性動脈炎) すでに大型血管炎と診断のついている患者の、他の検査で病変の局在又は活動性の判断のつかない方

なお、以下の場合は保険対象外となりますのでご注意ください。

PET検査で健康保険の適用ができない場合

・悪性腫瘍か良性腫瘍の鑑別のためのPET検査
・同じ月に、同じ病名による複数回のPET検査
・同じ月に、ガリウムシンチグラフィを受けている方
・不明熱の鑑別診断や疑い症例での診断目的の検査は適用になりません

詳しくは、お近くのPET検査施設までお問い合わせください。