がんと生活習慣病の早期発見サイト

保険の適用について 基礎知識&治療説明

PET検査の健康保険適用範囲の拡大

これまで、PET検査では健康保険の適用は一部の疾患を除き、対象にはなりませんでした。

しかし、平成22年4月より、早期の胃がんを除くすべての悪性腫瘍に健康保険の適用が認められるようになっています。

ただし、レントゲン検査やMRIなどの画像検査や、血液や超音波などのその他検査などでの診断、転移、再発の診断が確定できない患者様、またはすでに診断されている患者様に限定されます。

PET検査の健康保険適用範囲

悪性腫瘍
※早期胃癌を除く
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない方
てんかん 難治性部分てんかんで外科手術が必要とされる方
虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全で、心筋組織のバイアビリティ診断が必要とされる方
※通常の心筋シンチグラフィで判定困難な場合に限る

なお、以下の場合は保険対象外となりますのでご注意ください。

PET検査で健康保険の適用ができない場合

・悪性腫瘍か良性腫瘍の鑑別のためのPET検査
・同じ月に、同じ病名による複数回のPET検査
・同じ月に、ガリウムシンチグラフィを受けている方

詳しくは、お近くのPET検査施設までお問い合わせください。