がんと生活習慣病の早期発見サイト

PET検査の弱点について 基礎知識&治療説明

PET検査のみで全てのがん細胞の発見は担保できない

これまで難しかったがんの早期発見を可能にしたPET検査ですが、全てのがん細胞を見つけられるわけではありません。

PET検査の特性上、以下の場合や部位は、発見・判定が困難であるといわれています。PETに加え、ほかの検査方法を併用して見つけ出す必要があります。

PET検査の苦手な部位やケース

○胃や食道などの消化器官粘膜に発生するごく早期のがん

ごく小さながん細胞が、散らばって存在する場合

糖を必要としないがん細胞
…まれにこのようながん細胞もあり、その場合は発見できないこともあります。

炎症を起こしている部位
…FDGが集まりやすいため、がんと判別が紛らわしいことがあります。

○正常でもFDGが集まる臓器:泌尿器科系・脳・心臓・肝臓
…もともと多くの糖を消費する(脳・心臓)
…投与した薬が尿として排出される経路である(腎臓、尿道、膀胱)

肝細胞がん、胆道がん、白血病など
…これらに対しては有用性が低いといわれています。

糖尿病の方
…FDGが筋肉に集中しやすいため、検査の精度が落ちる場合があります。 血糖値が150~200mg/dlを超えている方は診断が難しいとされています。

一部の肺がん、甲状腺がん、胃がん
…PETの得意とするこれらのがんも、全て発見されている訳ではなく、まれに見つからないケースもあります。

上記の理由によりこれらの器官や場合では、広範囲に反応がでてしまったり、正常な場合との判別がしにくくなったり、反応が出なかったりして、見つけられない場合があります。

また、通常のエックス線レントゲンと同じく、妊婦、または妊娠の疑いのある方は受けることができません。

ほかの検査(CT、MRI、超音波、生化学、内視鏡など)を併用することで、お互いの長所と弱点がカバーされ、より精度の高い診断結果を得ることができます。

より正確な結果を得るために、PETとCTを同時に撮影できるPET-CTという検査装置もあります。
>> PET-CTとPETの違いについてはこちら

PET-CT の検査イメージ

PET-CT の検査イメージ