がんと生活習慣病の検査サイト

PET検査関連の用語集 生存率 / 5年生存率とは

生存率 / 5年生存率とは 読み:せいぞんりつ / ごねんせいぞんりつ英語:survival rate

生存率とは、診断から一定の期間を経過した後に生存している患者さんの割合を示します。>通常は%で示され、治療の効果を判定するにあたって重視される客観的な指標となります。
中でも用いられる機会が多い5年生存率は、通常治療開始から5年後に生存している患者さんの比率を示します。
がんの場合では、がんの部位やがんの進行度合いによってクラス分けされるステージの段階に応じて治療法が異なり、集計対象に関する範囲の確認が重要です。ステージが進行すると、5年生存率も下がるといえます。

国立がん研究センターで発表されている5年生存率は、がんと診断された時点から5年を数えた計算でどのくらいの人が生存しているかを表す割合を示しています。